scuglobal’s blog

下関市立大学を中心に行われる国際交流・国際地域研究について情報交換・意見交換するサイトです

明治維新の思想(10)

和辻哲郎著『日本倫理思想史』第五篇第六章(五、六、七)、第八章(一、二、三、四)、第六篇第一章のまとめを掲載します。

続きを読む

明治維新の思想(9)

前々回までのところで、市井三郎氏の『「明治維新」の哲学』の輪読をひととおり終えました。今回は、阿部正弘川路聖謨らによる幕政改革に対し、一定の高い評価を与えているという共通点から、原田伊織氏の話題の近著に注目したいと思います。市井氏の「明治100年」の段階の見解と、原田氏の「明治150年」の段階の見解とでは、とくに「御一新」そのものへの評価において大きな違いがありますが、それだけに、両氏の見解を比較することで見えてくるものもあるでしょう。

報告者は公共マネジメント学科の石飛君です。論文にも匹敵する分量のレポートをまとめてくれました。

続きを読む

明治維新の思想(8)

市井三郎著『「明治維新」の哲学』(1967年)では、阿部正弘川路聖謨らによる幕政改革(とくに国民国家構想と開国)が、井伊直弼の反動政治によって頓挫し、それへの反発から倒幕へと急進化していく情況が描かれていました。

その際、山県大弐の倒幕論を受け継いだ吉田松陰がペリー来航の際に米軍艦に乗り込んだ罪を減刑したのが、他ならぬ阿部であったことが強調されています(97頁)。

ただ同書では、「哲学」と銘打たれながらも、松陰を初めとする攘夷倒幕論の詳細、とりわけ同書で「信仰的攘夷」(水戸派)に対して「自覚的攘夷」(松陰、久坂、高杉ら)と称される思想の内実について、(少なくとも山県の『柳子新論』への言及に比べるなら)それほど踏み込んだ考察はなされていません(もっとも、のちの『近世革新思想の系譜』(1980年)ではもう少し詳述されています)。

数々の暗殺を伴う事実上のクーデタによる政権奪取について、実際に成立した明治政府は専制政治に向っていったという留保付きながらも、結果的に身分差別の撤廃を初めとする社会変革(「各人が、自分の責任を問われる必要のない事柄から、苦痛を負わされる度合いを減らす」)が達成されたという根拠から、市井はこの「御一新」を高く評価します。

こうした評価について吟味するためにも、「思想」や「哲学」の部分についてもう少し詳細に検討していく必要があるでしょう。そこで次に、和辻哲郎著『日本倫理思想史』から第五篇、第六篇を読むことにしました。以下、第五篇から第六章、一~四章のまとめを掲載します。

続きを読む

ドーム・レーマー・プロジェクトの経緯(2)

以前の記事(※)の続編です。今日はプロジェクト実現に先立って解体された「技術局庁舎」(Technisches Rathaus)について。

scuglobal.hatenablog.com

続きを読む

留学生チューター活動体験記

卒業生の多賀谷誠さんから、「留学生チューター活動体験記」を寄稿していただきました。

続きを読む

明治維新の思想(6)

『「明治維新」の哲学』(市井三郎著)第6章のまとめを掲載します。

続きを読む